更新日: 2011-07-21 12:13:50

水筒を活用しよう

著者: melampodium

編集者: kumapis

閲覧数: 760

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by jetalone

お家にひっそりとしまってある水筒。
携帯用保温マグは持つ人も多くなり、会社や学校、お出かけなどにもっていく方も多いのではないでしょうか?
でも、家族で使用するような大きな水筒は、ピクニックに持っていくまではしまったままっていうお家も多いのではないでしょうか?
いろいろ使い道ありますよ。
ぜひ、やって見てください~

STEP1 <お湯を保温する>

やかんで沸かしたお湯を水筒に入れておく。これならお茶を飲みたい時にすぐに使えて便利。電気ポットと違って、電気代がかかりません

STEP2 <野菜のゆでるお湯として使う>

水筒の湯を、野菜のゆでるお湯として使うと、料理を手早くできます。

STEP3 <お茶の冷たさを保つ>

冷たいお茶を入れておき、そこから家族が、それぞれコップに入れて飲む。冷蔵庫の開け閉めがないので、冷蔵庫の電気の使用量が減る。

STEP4 <豆をゆでる>

豆(大豆、黒豆など)を洗い、水筒に入れる。沸騰した湯をいっぱいに入れ、一晩置く。
ゆで豆のできあがり。

まとめ

中でも、ゆで大豆を作るのがお勧めです。簡単にでき、ゆで大豆を購入するより、コストがかかりません。少量作るなら、携帯用保温マグで作ってもいいと思います。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

69

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する