更新日: 2011-06-13 14:33:06

飲み方によるコーヒーの焙煎度の選び方

著者: hana-haha

編集者: hi'ilani

閲覧数: 293

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by gdahlman

コーヒーの焙煎度は8段階あります。各焙煎度で適した飲み方も異なるのです。

STEP1 【ライトロースト(極浅炒)】

黄色みがかった小麦色程度で、うっすらと焦げ目がついている状態。まだ不十分です。

STEP2 【シナモンロースト(浅炒)】

シナモン色程度のごく浅い炒り方。ブラックコーヒーに最適です。

STEP3 【ミディアムロースト(中炒)】

茶褐色で、アメリカンタイプの軽い味わいになります。

STEP4 【ハイロースト(中深炒)】

ミディアムより深い炒り方。喫茶店や家庭消費量が最も多いものです。

STEP5 【シティーロースト(深炒)】

鮮やかなコーヒーブラウン色。最も標準的な炒り方です。

STEP6 【フルシティーロースト】

ダークブラウン。『炭焼珈琲』と言われるのが、この段階のもの。アイスコーヒーにむいています。

STEP7 【フレンチロースト】

強い苦味と独特の香りが楽しめます。エスプレッソで飲まれたり、カフェオレやウインナーコーヒーなどのヨーロッパスタイルにアレンジされたりします。

STEP8 【イタリアンロースト】

ほぼ黒に近い色。最も深い炒り方で、エスプレッソやカプチーノとして飲まれます。
スターバックスやタリーズコーヒーなどのシアトル系と言われるコーヒーの飲み方(シロップやクリームを多く使用する方法)では、この段階のものを使用することが多いです。

まとめ

Photo by hana-haha

コーヒーの飲み方スタイルの違いは、濃さではなく焙煎の度合いの違いになります。
また、焙煎する前の豆は『生豆』と表記しますが、「きまめ」ではなく「なままめ」と呼ぶのが正しいようです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

75

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
hana-haha

毎日の生活から、発見や情報をご紹介。