更新日: 2011-06-16 17:53:12

コーヒー豆の精製法のポイント

著者: hana-haha

編集者: hana-haha

閲覧数: 345

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by Sig.

コーヒーはコーヒーチェリーと呼ばれる実の種の部分になりますが、精製法で風味に違いがあるのです。

STEP1 【コーヒーの精製法】

・アンチウオッシュド(非水洗式)
収穫した豆をそのまま乾燥、脱穀し作られます。コーヒーの果肉成分から甘み、苦味が移り、奥行きのある味が残るのが特徴です。『モカ』、『ブラジル』の銘柄がこの精製法になります。

・ウオッシュド(水洗式)
収穫したのちに水洗し果肉を除去、水槽でファーメンテーション(発酵)させ、乾燥、脱穀して作られます。果肉成分を除去するため、コーヒー本来の酸味とクリアー感が強くでます。コーヒーの70%はこの製法で作られています。

・セミウオッシュド
アンチウオッシュドとウオッシュドの中間の方法で、甘みも残り、クリアー感もでます。インドネシアで栽培される『マンデリン』がこの製法です。

STEP2 【簡単な見分け方】

コーヒー豆を焙煎した後で、豆の中央の筋状部分が白く見えるのが「ウオッシュド」。黒や茶褐色に見えるのが「アンチウオッシュド」製法のものです。
アンチウオッシュドでは実の糖分が焙煎時にカラメル化し、筋状部分が茶色くなるのです。

STEP3 【補足】

甘味や苦味がお好きな方は「アンチウオッシュド」製法の豆を、酸味やクリアー感がお好きな方は「ウオッシュド」の豆を選ぶと良いですね。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

78

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
hana-haha

毎日の生活から、発見や情報をご紹介。