更新日: 2011-06-16 16:01:46

たまごの殻の色で栄養・種類違いを知る方法

著者: coffee_time

編集者: coffee_time

閲覧数: 573

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Panic0 prototype

たまごの殻の色によって栄養や種類が違うのかをご紹介します。

STEP1 ★ にわとりの種類

褐色のニワトリが赤玉を産み、白色のニワトリが白玉を産む傾向があるようです。
卵殻色の違いは鶏種の違いからくるものが一般的ですが、
最近では品種改良(交配)によって一概にそうとも言えません。

STEP2 ★ 飼育環境

茶色の殻のたまごの場合のみ、飼育環境の影響を受けます。
エサの濃度が濃いと、たまご殻の色も濃くなります。
そのためか、茶色の殻のたまごは割れにくいです。


白いたまごは、エサによる色の変化はないようです。

ちなみに、たまに殻の表面に「そばかす」みたいなものがありますが、
それは、にわとりの体内で殻の色素が表面に付いた物で、血液などではありません。

STEP3 ★ にわとりの年齢

にわとりが産卵を始めて1年以上たつと、色のつやがよくなり
茶色の殻のたまごは色が薄くなる傾向にあります。

STEP4 ★ 栄養価

たまごの殻の色によって栄養的な違いはありません。
値段も同じくらいで売ってありますものね^ー^;;

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

104

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する