更新日: 2011-07-27 18:00:03

CD-Rのデータを再生不能にする方法

著者: ckaied

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 530

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by bigcityal

仕事やプライベートでCD-Rを使ったものの、
不要になってしまったため処分したい。
でもCD-R用のシュレッダーなんて持ってないし……。

普通に不燃ごみに捨てたんじゃ、データが再生できて不安だ、
という方はこの方法を試してみてください。

STEP1

カッターなどの刃物で、表面のシールをいっぱい傷つけましょう。
これだけです。

CDは裏面にレーザーを当ててデータを読み取る仕組みですから、
何となく裏面のプラスチックを傷つければいいような気がするかも
しれません。

しかし、データが入っているのは表面のプリント部分です。
ある程度裏面が傷ついても、表面は無事なため、再生は可能です。

表面を傷をつけたら、念のためPCなどで
再生できないようになっているか確認して処分してください。

STEP2 おすすめしないものの、電子レンジでチンする方法もあります。

加熱するとCD-Rに貼ってあるラベルから
稲妻のような光がほとばしり、盤面がボロボロになります。

レンジののぞき窓から見ると綺麗ですが、
こちらの方法は自己責任でお願いします。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

21

関連タグ:

hosokawakさんのコメント

2010/11/05 08:57:25

ガムテープをラベル面に貼ってからカッターで切込みを入れ、テープをはがすと記録層(アルミ)がはがれます。残るのは透明なポリカの円盤でPCで確認するまでもありません。

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する