更新日: 2011-04-25 17:22:00

カスタム収納グッズを自分で作る方法

著者: mamambow

編集者: mamambow

閲覧数: 1199

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by neco

とっても使える100円グッズやホームセンター用品。500円以内で作れる便利グッズを紹介します。

STEP1

1.下の方に空いた空間がもったいない→チェーンでパイプを増設、クローゼットを二段にしましょう

垂直収納で大活躍するのが丈夫なプラスチック製のS字フックをひっかけ、カラーチェーンを通してたらします。上下に仕切りたい場所に別のS字フックをかけ、そこにつっぱり棒を渡します。「上にジャケット、下にパンツ・スカートのように使い分けて。オン・オフシーズンで分けてもいいです。

STEP2

2.厚みのないスペースを何とか使いたい→洗濯ネット&粘着フックで簡易ポケットを作りましょう

粘着フックをクローゼットやタンスの扉裏などに貼り、洗濯ネットの四隅をひっかけて簡易ポケットに。これ以上ないくらい簡単な方法ですが、スカーフなど厚みのないものや、ニット帽などシワや型崩れの心配のないものなら問題なくおさまり、便利に使えます。洗濯ネットは、中身が見やすく、フックがかけやすい網目の粗いものを選びましょう。

STEP3

3.ごちゃごちゃしがちなベルト&スカーフは→ディッシュスタンドを壁に貼り付けましょう

100円ショップで見かける木製ディッシュスタンド。キッチン用品ですが、おしゃれ小物のごちゃ付きを一気に解決してくれます。クローゼットの壁面に強力両面テープで貼り、棒の先にベルトやスカーフを引っ掛けて整理。1本ずつかけると選びやすくとりやすいでしょう。ネックレスの収納にも適しています。

STEP4

4.ハンガーで吊った服の下のデッドスペースを活用したい→「置きかご」でため込みを予防しましょう

洋服掛けの下にプラスティック製のかごを置いて、ベルトや部屋着などの置き場所に。複数のかごを結束バンドで連結すれば、奥行きを使い切ることができます。また、そうしたかごが1つあるだけで、つい紙袋や古雑誌を置いてしまうのを防ぐ効果が。デッドスペースの有効利用と不要品ため込み予防の一石二鳥です。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

94

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する