更新日: 2010-09-17 23:00:11

とりあえず起きないと

著者: kikukikupon

編集者: kikukikupon

閲覧数: 195

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by kikukikupon

 「春眠暁を覚えず」状態が、年中続いておられる方も多いでしょう。お布団の中はとても心地良いものですもんね。それでも、起きなければなりません。起きましょう。

STEP1 ●起き上がる前に自らカウントダウンする

 「3・2・1、ダーー!!」と声に出し、起き上がります。声を出すことにより、体内に酸素が取り込めるので、脳も徐々に目覚めてきます。立ちくらみには、ご注意を。

STEP2 ●起き上がったら、アーモンドチョコを一粒かじる

 糖分は脳を働かせるのに、必要なものです。また、アーモンドのカリッという刺激が、顎から脳に伝わり、覚醒を促します。一粒か二粒で止めておきましょう。朝は鼻血が出やすい時間帯でもあります。

STEP3 ●冷水を体のどこか一部分にかける

 坂の上にボールを置くと、コロコロと転がっていきます。これと同じ状態を、体内で作るのです。一部分だけ冷やすことにより、体はそこに温かい血液を流そうとします。これで、活動を始める準備が、「体」は整いました。

STEP4 ●朝食を取るか独り言をつぶやく

 面倒なので朝食を取らない方も多いでしょう。判ります。わざわざ準備しなくても、アーモンドチョコをかじったなら、これにバナナ一本加えれば、朝の栄養は十分です。

 必要なのは、「口の周りの筋肉」を動かすこと。顎への刺激が脳に伝わると先に述べましたが、それと同じです。食べ無いなら、喋る。一人でも喋る。歌っても良いですね。

まとめ

 独り言をつぶやいている時、我に返らないでください。恥ずかしくて、また布団に戻ってしまいます。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

11

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する