更新日: 2011-10-26 19:02:43

自家製の猫よけの作り方

著者: jack_roen

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 29077

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by jack_roen

どれだけ猫を愛しているかに関わらず、私たちが望んでいない場所に猫たちが行ってしまうことがあります。上ったり跳ねたりすることが得意な猫たちは、限度を知りません。そして、猫たちはただ言葉による命令を馬鹿にしますから、猫たちがやりたいことを止めることは困難です。しかし、自然療法は猫の安全を守るだけではなく、あなたの場所に侵入することを思い留まらせます。

STEP1 猫が嫌いな臭いのするもの

乾燥したからし、唐辛子、コーヒーかす、乾燥ローズマリーをまくことで、猫を屋外の場所に近づかせないようにできます。猫は特定の臭いなどが好きではありません。一つのものを試して効果がなければ、別のものを試したりいくつかのものを組み合わせましょう。

STEP2 アロマで猫よけ

コットンボールをいくつか用意し、スポイトでシナモンやシトロネラ、レモン、レモングラス、ラベンダー、オレンジやローズマリーオイルを垂らします。そのコットンボールをクローゼットの角や猫を入れたくない部屋の角、鉢植植物の土に押し込みます。また、オイルをペーパータオルで壁下の端木、ドアの入り口や敷居に塗っておきます。

STEP3 手作り猫よけスプレー

ラベンダー、ローズマリーや唐辛子を乾燥させたものを5分間茹でます。煎じ液をこして、清潔なスプレーボトルの中に入れます。前に洗剤や毒性のある化学製品を入れていた容器は使わないようにしましょう。ドラッグストアや園芸用品店では空の容器を売っていますので買いましょう。壁下の端木や床、クローゼット、部屋、家具、カウンターの上や鉢植えにスプレーしましょう。これは植物を傷めませんが、猫が近づきたがりません。香りは人が気づくものではありませんが、猫には強く感じます。毎週もしくは2週間に1度、必要に応じてスプレーします。

STEP4 お庭に植えるだけ

境界線にハーブを植え、猫が好まない香りのある植物もいくつか植えておきます。境界線のシトロネラ、ヘンルーダ、ラベンダー、ローズマリー、ニラが良いでしょう。通りかかる猫に対して「立ち入り禁止」の看板のような役割を果たす魅力のある植物です。

STEP5 猫が好きな植物

どこか場所を見つけて、猫が大好きなチクマハッカを植えておきましょう。これは猫をひきつけ、猫はこの植物を欲しがるでしょう。

まとめ

猫に有害なものを使わない自家製の猫よけを使うときにはいつも注意しましょう。ホウ砂や防虫剤のようにさまざまなところで見られる提案は、猫に害を及ぼすことがありますし、死んでしまうこともあります。植物やハーブ、猫よけの材料についてよくわからない場合には、獣医に相談しましょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

132

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

在庫が豊富なスパイスの棚
エッセンシャルオイル
コットンボール
スプレーか霧吹きボトル