更新日: 2011-08-15 11:58:41

飛行機で小さなこどもをおとなしくさせるテクニック

著者: fumika0725

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 539

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by fumika0725

狭い座席で座ったままだと、子どもがグズって大変。
そんな時に使えるアイデアをご紹介します。

STEP1 布の巾着などに

新しいちょっとしたおもちゃ(マスコットや車など)をいくつか用意しておきます。
袋を振ると、カチャカチャ音がなるくらいのボリュームで。
子どもには、このおもちゃの存在を教えません。

STEP2 グズってきたら、この袋の出番!

袋ごと与えて、袋に手を入れる→おもちゃを取り出す をひとつずつやらせます。
これでかなり間がもちます。
一つ出したら一つしまうようにすれば、狭い座席でも邪魔になりません。
「何が出てくるかな~?」など、気を惹くこともできます。
ビニール袋だとガサガサうるさく、周囲に迷惑ですが、布袋なら子どもに安心して与えられます。
おもちゃの包装は、複雑なものなら事前に取っておきます。簡単なものなら、開けること自体を子どもに楽しませましょう。

STEP3 おもちゃを選ぶポイントは

あまり細かくないもの、そして指先を使うもの。
(スライド式のパズルとか、ちょっとした組み立てが必要なものとか)
あとは、メモにお母さんからのお手紙(イラスト)などを入れておいてもいいかも。
指人形などもその後の展開があるので、良いです。

まとめ

搭乗前に「おもちゃを買ってあげるから静かにしなさい」と言っても、こどもはすぐ飽きてしまいます。
細かなおもちゃでも「目新しい」「出すまでのワクワク感がある」「遊ぶのに多少の手間がかかる」ものを複数用意しておけば、子どもの気も紛れます。
食いしん坊の子には、この中にアメやラムネを入れてもいいかも。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

46

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

布の巾着袋
小さなおもちゃ
お菓子