更新日: 2011-04-22 03:54:24

緊急時にペットを保護する方法

著者: jack_roen

編集者: jack_roen

閲覧数: 191

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by jack_roen

大部分の人は大災害に直面する機会がないとしても、そういったことがいつ起こるかわかりません。そのときペットはどうなりますか? 天災に遭わないとしても火事などの非常事態は起こりえます。ペットが迷子になったりしないよう、すぐに前もって計画を立てましょう。

STEP1

消防士やレスキューにペットがいることを知らせるために、窓にその旨の表示を出しましょう。その際、ペットの種類だけでなく必ずペットの総数を記載します。

STEP2

電話のそばに毒物に対する処理が可能な施設の電話番号リストを用意しておきます。ペットが毒物を口にしたり何かに噛まれた時に、どこに連れて行けばよいかすぐにわかります。

STEP3

ペットにチップを埋め込むことを考えてください。半年ごとにペットの写真を撮り、ペットが迷子になったときの用心にそれを持っているようにしてください。

STEP4

ペット同伴可の避難所やホテルの電話番号リストを用意します。万一の時にペットを預かることに同意してくれた近所の人や親類の電話番号も記載します。

STEP5

ペットの名前、生年月日、ワクチン接種日、既往歴などを記載したリストを用意します。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

34

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

毒物に対する処理が可能な施設の電話番号リスト
チップ
ペットの写真
電話番号リスト
ペットの情報を記載した書類