更新日: 2011-03-30 11:38:18

肌の弱い人が掻き傷を作ってしまったとき、早く治す方法

著者: ckaied

編集者: おばばばば

閲覧数: 6280

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Vix Walker

夏が終わり秋~冬に向かうにつれて、肌の弱い人は
乾燥肌と戦う季節になると思います。

乾燥によるかゆみなどで皮膚に引っ掻き傷を作ってしまった場合、
できるだけ早く治す方法があるので、ご紹介していきます。

STEP1 傷口へ直にサランラップを巻きます。

はがれないようセロテープ等で止めるのですが、このとき
ラップの中に空気が入らないよう、両端を止めて密封状態に
してください。

後は治るまでそのままの状態をキープしましょう。

STEP2 とはいえ、外出する際にラップを巻いていると

見栄えが気になりますよね。変に目立つ可能性もありますし。

そんなときは絆創膏の内側、ガーゼのある部分に
ガーゼよりちょっと大きめにラップをつけ、
ラップ部分が傷口に当たるように絆創膏を貼りましょう。

STEP3 なぜラップを巻くのかというと、傷口を乾燥させないためです。

傷口が乾燥すると細胞が繁殖しづらくなり、治り難くなります。

本来、外傷が治癒する過程では
まずガードとしてかさぶたを作り、その下で皮膚を作っています。
これでは二度手間です。

この方法はかさぶたを作らないため、通常より早く治るというわけです。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

129

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

サランラップ