更新日: 2011-04-13 12:38:05

根に持ってしまう「悔しい気持ち」の忘れ方

著者: milchman

編集者: milchman

閲覧数: 9986

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by *嘟*

相手から何かされたり、ちょっとしたお互いの行き違いがあったりして、屈辱的な思いを抱えることは少なくないと思います。問題が解決した後でも、こういった「悔しい気持ち」はなかなか消えません。忘れられない「悔しい気持ち」は、どう解消していけば良いでしょうか。

STEP1

屈辱的なことを忘れられない、というのは、「自分に自信がない」「劣等感が強い」ということの表れでもあります。
自分の良いところをちゃんと認めたり、自分に自信をもてるように努力をしたりして、基本的には自分を好きになることが、悔しさの解消につながります。

今やっていることを完成させるとか、何かを始めて成し遂げるとか、長期で自分自身を育ててあげましょう。

自分自身と向き合って、見つめなおして、悪いところも良いところも(改善も含めて)認めてあげることです。
自分自身を好きで自信のある人は、たいていのことではひるんだり気にしたりしません。それが過剰だとまた問題ですが、少しそういう部分を持ってみるのも良いですね。

STEP2

繰り返し思い出すと、どんどん脳みそに刻まれていって、どんどん消えない記憶になっていってしまいます。考えそうになったら、なにかほかのことを始めて気をそらして思い出さない努力も必要です。

STEP3

また、てっとりばやく気分を変えるために、くだらないギャグ漫画やコメディ映画などを「笑う」ことも有効です。口角を上げるだけでも効果があります。

まとめ

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

90

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する