更新日: 2011-04-12 15:40:26

最愛のペットを看取る最善の方法

著者: れい

編集者: れい

閲覧数: 648

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by jessdamen

家族の一員である最愛のペットの最後を見守るのは、本当に辛く、悲しいことです。でもあまり悲しみ過ぎると、それがペットに伝わって負担を与えてしまいます。愛するペットだからこそ、楽に逝かせてあげたいですね…。

STEP1 [泣かない]

お別れが近付いていると思うと、どうしても涙は出てしまいますが、できるだけ泣かない努力はしましょう。ペットは「自分がいなくなったら、飼い主はどれだけ悲しむだろう…」と思って、ムリに頑張ってしまうかもしれません。どうしても我慢できないときは、トイレやお風呂場でこっそり泣きましょう。

STEP2 [十分なお別れの時間を取る]

ペットが亡くなる直前、そして埋葬する前は、可能な限りお別れの時間を取りましょう。できるだけのことをしておかないと、飼い主さんに後悔が残ってしまうからです。

STEP3 [「ごめんね」ではなく「ありがとう」]

病気や事故でペットを亡くしてしまい、それを自分の責任と感じる飼い主さんもいると思いますが、亡くなった後にペットにかける言葉は「ごめんね」ではなく「ありがとう」。ペットは感謝はしても、恨んだりはしていません。

STEP4 [後悔しない]

「あれをしてやれなかった」「もっと、ああすれば良かった」など、小さい後悔が生まれることもありますが、全て忘れましょう。ペットが心配して安らかに成仏できない可能性もありますよ。

まとめ

なかなか難しいかもしれませんが、できる範囲で努力して、ペットが安らかに逝けるようにしてあげましょう。飼い主さんがなるべく早く元気になった方が、ペットも安心して見守ってくれますよ。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

103

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
れい

著書「英語学習が変わる! 最強オンライン辞書weblioのひみつ」が発売されました。
weblioを使って英語を勉強するヒントがいっぱい詰まっています♪...