更新日: 2010-09-15 05:43:20

歯のフロスの仕方

著者: あぺ子

編集者: あぺ子

閲覧数: 338

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

うまくやらないと歯茎を傷つけたり汚れが落ちなかったりです!

STEP1

まず、日本人に一番適しているフロスが糸タイプのものです!持ち手のついている物だと、かたすぎたり太すぎたりすることが多いようです。

STEP2 まずハミガキを済ませましょう。

その後にフロスを、歯の間に入れましょう。

STEP3 入れたら、両側から引っ張り合います。

糸のこのような要領です。

できたら、両側やりましょう。左の歯を重心にゴシゴシ、次は右の歯を重心にゴシゴシ。歯茎を痛めないように気をつけてください。

STEP4 これを、週1〜3回やるのがいちばんよいでしょう。

やりすぎると歯茎を痛めたりします。

まとめ

フロスは糸タイプのものを!
これが一番重要です。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

96

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
あぺ子

日常で感じたこと、思いついたこと、きいたことを、他の方にも使っていただければいいなぁと書かせていただきます☆

必要なもの

フロス