更新日: 2011-04-10 02:03:17

アメリカ人を感心させることができる英語発音のコツ

著者: れい

編集者: れい

閲覧数: 4429

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by DVIDSHUB

アメリカン・イングリッシュを正しく発音するには、ちょっとしたコツがあります。いくつかのポイントを意識するだけで、英語が通じるだけでなく、アメリカ人に感心されるでしょう。

STEP1 ☆ ○○ing

進行形の○○ing は最後まで発音しません。例えば going は「ゴーイン」と発音し、g は飲み込みます。同様に coming は「カミン」、doing は「ドゥーイン」です。

STEP2 ☆ ○○n't

否定形の○○n't も最後まで発音しないものがあります。doesn't の発音は「ダズン」となり、t は飲み込みます。 didn't や wouldn't は d から飲み込み始めます。

STEP3 ☆ can と can't

私達日本人はキャンとキャントと習っているこの2つ。肯定なの?否定なの?と英語圏の人に聞かれてしまうこともあると思います。実は発音が間違っているから「どっち?」となってしまうのです。 can't は「キャントゥ」ですが、can は「ケン」と発音します。そう、渡辺謙さんの下の名前と同じ発音です。

まとめ

上記のようなちょっとしたことを気をつけるだけで、英語がより伝わるようになります。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

155

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
れい

著書「英語学習が変わる! 最強オンライン辞書weblioのひみつ」が発売されました。
weblioを使って英語を勉強するヒントがいっぱい詰まっています♪...