更新日: 2011-04-06 01:17:12

家の悪臭・気をつけたい場所

著者: lovefuku

編集者: lovefuku

閲覧数: 448

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by shibainu

自分の家のにおいは案外気がつかないものです。でも悪臭は嫌ですよね。どんなところがにおいやすいのでしょうか。

STEP1 においの元をつきとめる

よくあるにおいの場所をチェックしましょう。どこからにおいが来ていますか?
・キッチン
・洗面・浴室
・トイレ
やはり水回りが多いようです。

STEP2 キッチンの場合

・調理後のにおい・・グリルなどで、茶がらやミカンの皮を少し加熱するといいにおいが部屋中に広がります。香りがしてきたら火を止めてください。
・排水口・・・毎回、あとかたづけ後には熱湯を流すと予防になります。
・冷蔵庫・・・コーヒーの出がらしやレモンを切ったものを庫内に置いてみてください。
・食器棚・・・食器棚はにおいが出てきたらタオルにエタノールをふきつけ拭きます。
・生ゴミ・・・水分をしっかりと切って腐敗しないように注意をし、さらに新聞紙に包むなどして捨てる工夫を。においが出てきたら生ごみ自体にエタノールをふきつけるといいです。

STEP3 洗面・浴室の場合

・浴室の排水口・・排水溝に汚れがたまりカビなどが発生しているため。パイプ用洗浄剤をすると取れます。ここは予防のために、月に一度くらいするのが理想的です。
・スポンジ、風呂の蓋など・・・・意外にここがにおっていることも。風通しのいいところで日のあたるように干して日光消毒をしましょう。

STEP4 トイレの場合

・便器にこびりついた汚れからのにおい・・長年の汚れは、においがこびりついていることも。塩素系漂白剤をしみこませてこすり、水で流すと、ほとんどのにおいは取れてくれます。
・床や壁・・・・・意外に尿などが広範囲で飛び散っているところです。何日かに1度は水ぶきして予防しましょう。
・便器と床の境目・・・あまり見えないですが意外にここが悪臭のもとであることもが多いです。トイレ用洗剤などをしっかりしみこませた雑巾などを、境目の奥に押し込み、奥までしかっりと汚れをとりましょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

59

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する