更新日: 2011-04-04 22:38:42

菅の原発“隠蔽”シートで生命危機…専門家猛反発も強行のワケ 

著者: tikumanikki

編集者: tikumanikki

閲覧数: 541

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by tikumanikki

「菅直人政権が「危険な賭け」に出る。」と記事にはありますが、放射能が西日本の太平洋側まで拡散 ドイツ気象局予想という状態になっている今、やるしかないのではないでしょうか。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110404/dms1104041611023-n1.htm

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110404/dms1104041618025-n1.htm

STEP1

「原子炉や使用済み核燃料プールの温度が安定していない建屋を遮蔽すれば、新たな放射性物質の拡散を抑える効果が期待できる」というもので、ゼネコンが提案したといいます。

STEP2

横浜国立大の小林英男客員教授(破壊力学)は「水素は軽く、上層にたまるので、シート上部に穴を開けて逃がす。放射性物質を含んだ空気を水をくぐらせ外へ出すような特殊な換気口も必要。時間の余裕がないので、できることから実施すべきだ」と語っています。

専門家はできると言っています。

STEP3

危険も伴うでしょうが、汚染が広がる続けている今、これにかけるしかないのではないでしょうか。

【危機を救った菅直人政権の英断!】というニュースが流れるのを祈っています。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

92

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する