更新日: 2011-04-04 10:29:06

昨年10月「「電源喪失で容器破損」の報告書の検討をしなかった東電

著者: tikumanikki

編集者: tikumanikki

閲覧数: 455

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by tikumanikki

電源が全て失われて原子炉を冷却できない状態が約3時間半続くと、原子炉圧力容器が破損するという研究報告を、昨年10月にまとめていたことがわかりました。

原子力安全基盤機構がまとめたのですが、東電は報告書の内容を知りながら、電源喪失対策を検討していなかったことを認めました。

参照URL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00000076-yom-sci

STEP1

3時間40分後には圧力容器内の圧力が上がって容器が破損し、炉心の核燃料棒も損傷。格納容器も高圧に耐えきれず、6時間50分後に破損して、燃料棒から溶け出した放射性物質が外部へ漏れるとした。 (記事抜粋)

このような報告書をそのままにした東電の責任は大きすぎます。

STEP2

原子力発電所は安全神話を、一般の人たちが信じていたのは仕方がない面もあります。

でも、東電の関係者もあまりにも神話を信じすぎて危機感がなかったのが解せません。

STEP3 原子力発電所を閉じると言っても簡単にはいかないようです。

でも、修理が不可能なら閉じるしかないのではないでしょうか?

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

95

tikumanikkiさんのコメント

2011/04/04 10:26:42

okgattuさん、コメントありがとうございます。
わたしも、遺体発見のそのニュースみました!
若い子が可哀想なうえ、その人たちの給料の低さ、通勤手当も無い、零細企業顔負けの待遇の悪さにも呆れていました。
ここに出ています。
http://job.j-sen.jp/hellowork/job_3373229/
酷すぎますよね。
それとスキルも何も無い人でも構わないという東電の募集にも呆れてものが言えません。

okgattuさんのコメント

2011/04/04 09:30:25

人災といわれても仕方ないのかもしれませんね・・・

「東電の不明社員2人、建屋で遺体発見」のニュースみました
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110404ddm041040081000c.html

亡くなられた若い二人は、そんな報告書が上がっていた事
もちろん知らずに作業していたんでしょうね。

TOPと現場で作業する人の温度差を感じてしまうのは、
私だけでしょうか?

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する