更新日: 2011-05-09 18:38:51

大人にもある発達障害を知る方法

著者: tikumanikki

編集者: tikumanikki

閲覧数: 1079

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by madams_lunch

「空気を読む」ことを求められる社会生活で、これができないばかりにコミニケーションも上手く取れず、社会から脱落してしまう人も多くいます。

その実態をご紹介します。

STEP1 ★性格? 障害? 空気を読む力をチェック

・趣味などの好きな話をしているだけなのに、気がつけば嫌がられたり、人が離れていっ たりする
・「気持ちを想像して」「周りに合わせて」「顔色を見て判断して」と言われても、うま くできない
・友だちができにくい、またはできても関係がなかなか続かない
・相手に対する自分の考えを言っただけなのに、よく怒られたり嫌われたりする
・具体的に明示されていないのに、「ルールやマナー、TPO、常識を守って」などとあい まいに言われると理解が難しい
・思ってもいないのに、人をほめたり、同意したりすることは難しい
・何かを言われて「冗談だよ」と笑われても、意味がよく分からないことが多い
・宗教やキャッチセールスの勧誘を信じ、身内から怒られることがよくある
・「たとえ話」で説明をされても、意味が分からないことが多い
・やり方が決まっていない作業や仕事を、自分で判断してやるのは苦手
・人混みやうるさい場所が苦痛で、我慢してその場にいつづけることが難しい
・まじめにやっているが、「作業や仕事が進んでいない」と言われることが多い

もし上の項目の多くに心あたりがあるなら、うまくいかないのは性格の問題ではなく、脳の機能障害が関係している可能性もあるようです。

STEP2 ★発達障害のせいかもしれない「空気が読めない」

自閉症は幼い頃に診断がつきやすいですが、アスペルガー症候群の場合は知能も高く、言葉も達者であるため、学業は問題ないので大人になってからわかる場合が多いです。

STEP3 ★発達生涯の人の苦しみ

人の気持ちやその場の雰囲気を想像、理解して行動すること、つまり「空気を読む」ことができないと、社会でも人間関係においても孤立しやすく、他人や社会に対して不安や苛立ち、恐怖を感じがちです。

また、自分自身も理解されない苦しみから、うつ病などの二次障害を発症し、ますます苦しみを深めてしまうことも少なくありません。

STEP4 ★大人の発達障害への支援はまだ始まったばかり

自治体等による公的な支援はこれからですが、NPO、市民グループ等による個別相談やグループワークなどの支援も年々増え続けています。

相談できる場所は必ずありますので、ぜひ情報を集めてみてください。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

93

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する