更新日: 2011-04-03 23:16:25

香水をスマートにつけよう

著者: kakoteke

編集者: kakoteke

閲覧数: 459

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Quy D.

よい香りは周囲の人に
好印象を与えます。
香水の種類、つけ方などを
まとめてみました。

STEP1

 香水は大きく4つのに分類されます。また、香りの種類でさらに分かれる
ので選び方が難しいものです。香水の特性を知り、自分に合った香水を選び
ましょう。

STEP2 ◆香水の種類

①パルファン…いちばん純度が高く、香りの持続時間が長い。
       深みのある香りが特徴です。濃度は 15~20%、
       5~7時間ほど持続します。
②オー・デ・パルファン…特徴はパルファンに近く、値段がお手ごろです。種類が
           豊富で、濃度10~15%、5時間ほど持続します。
③オー・デ・トワレ…ソフトな香りで世代を問わず使えます。濃度5~10%、
         3~4時間ほど持続します。
④オー・デ・コロン…爽やかで軽い香りのものが多く、男女関係なく使えます。
         濃度3~5%、30~1時間ほど持続します。

※持続時間は目安です。

STEP3

 香水のつけすぎは、汗と混じって悪臭に変化する原因となりますので
注意しましょう。つける量は体から20cmはなして1プッシュほどで十分
です。ほのかに香る程度が周囲に好印象を与えるでしょう。香水初心者
は「オー・デ・コロン」から始めて見ると良いと思います。
 つけすぎた場合は、アルコールの入った無香料の化粧水をコットンなど
に含ませて拭き取りましょう。

香水をつける場所ですが、直射日光が当たらず、血管のある体温の高い場所
につけると香り立ちがよくなります。上半身では肩~首、手首や肘の内側、
両脇腹など、下半身では太ももやヒザの内側、アキレス腱の内側やかかとが
オススメです。洋服につけるのはシミの原因となりますのでやめた方がよい
でしょう。

 

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

94

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する