更新日: 2011-04-07 11:27:57

どちらも美味しい!2種類のロシアンクッキー

著者: tidak-apa-apa

編集者: tidak-apa-apa

閲覧数: 6073

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by yto

ロシアン・・・と付くものはジャムを使うレシピが多いようですね☆
でも、ロシアンクッキーは2種類のタイプがあるようです。

もちろんどちらもおいしいですけど☆

STEP1 【ジャムが乗ったロシアンクッキー】

Photo by tidak-apa-apa

ロシアンケーキと呼ばれる事が多いです。

ロシアケーキという方が日本では通っているでしょうか?
ロシアには「ペチェーニエ」と言う真ん中にくぼみがあるクッキーがあるそうです。
それに家でジャムや蜂蜜などを塗って食べていたそうです。おそらく日本でいう「(ロシアンクッキー)ロシアケーキ」もそれをお手本にして日本風アレンジを加えたのではと思われます。

STEP2 【スノーボール的なロシアンクッキー】

Photo by tidak-apa-apa

ルシアンクッキーと呼ばれる事が多いです。

上にまぶしててある粉砂糖が雪のようでキレイなクッキーも実はロシアンクッキーと呼ばれています。
日本では”スノーボールクッキー”と言った方が有名でしょうか?
スノーボールはもともとスペインのボルボロンというお菓子が由来、丸くて粉糖がかかっていて白い見た目から英語で「スノーボール(雪玉)」と呼ばれているらしいです。
スノーボール(ブールドネージュ)自体はフランスで生まれたお菓子です。

STEP3 【ロシアンケーキの作り方】

(6cmアルミカップ6個分)

・薄力粉 100g
・アーモンドプードル 25g
・卵 1個
・砂糖 50g
・バター 50g
・バニラエッセンス 少々
・いちごジャム、ブルーベリージャムなど

①バターを室温にもどす。薄力粉、アーモンドプードルをよく混ぜ合わせておく。
②卵、砂糖をFPに入れ白っぽくなるまでまぜる。
③①の粉をいれさっくりまぜる。
④バニラエッセンス、バターを入れまわし、生地をまとめる。
⑤絞り袋に入れ、底全体とそのうえの周囲だけ絞り出す。
⑥真ん中のくぼみにジャムをのせ、180度に予熱したオーブンで20分焼く。

STEP4 【ルシアンクッキーの作り方】

ルシアンクッキー(50個)

・バター 200g
・粉砂糖 70g
・バニラエッセンス 少々
・薄力粉 300g
・クルミ 60g
・粉砂糖(まぶし用) 130g


①バターは室温に戻し、泡立て器で練ってクリーム状にし、粉砂糖を加えてよく混ぜる。
②バニラエッセンスを加える。
③ふるった薄力粉を加え、さっくり混ぜる。
④クルミを加えて、さっくり混ぜる。
⑤2cm位の大きさに丸めて天板に並べ、予め160度に温めたオーブンで約15分焼く。周りに、ほんのうっすら焦げ目がつく程度でOK。
⑥熱い内に残りの粉砂糖をまぶす。

まとめ

どちらも簡単で、さくっと作れて美味しい♪
私的にイメージとしてはロシアンケーキのイメージ(ジャムも使うので)があったんですが、スノーボールもサクホロでおいしい!

どちらもありです(^^)

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

96

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
tidak-apa-apa

いろんな雑学を知るのが大好きです♪

興味があること
こりゃーいーや!と思ったこと
みんなに教えたいこと

をメモって行きます☆

必要なもの

本文中を参照してくださいね♪