更新日: 2011-05-09 18:24:46

増えている下肢静脈瘤を防ぐ方法

著者: tikumanikki

編集者: tikumanikki

閲覧数: 729

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by fukapon

下肢静脈瘤とは、脚の静脈に逆流が起こり、そのためふくらはぎや、それより内側の血管がモコモコ、グリグリと盛りあがってしまうもの。女性は血管の異様な盛りあがりで見た目を気にするが、それ以上に症状に辛いものがある。「脚が痛い、重い、だるい」「脚がむくむ」「脚がつる」などの症状で、睡眠が十分とれない人もいます。(下記URL抜粋)

http://president.jp.reuters.com/article/2011/03/30/F3953EE8-5441-11E0-AB1D-31213F99CD51.php

STEP1 ★健康保険が適用になった治療

医療は体にメスを大きく入れる手術から、より体にやさしい治療へと進んでいると言われます。

1911年4月1日から、下肢静脈瘤の治療の「血管内レーザー療法」が保険に適用されるようになりました。

STEP2 ★治療費

これまでは約5万円~30万円程度かかっていた治療費です。

保険適用後は、約5万円程のなります。

血管内レーザー療法を選択する患者が増えることが予想されます。

STEP3 ★生活習慣のワンポイント

下肢静脈瘤患者の男女比は1対4で圧倒的に女性に多く、年齢的には40歳以上に多くなる傾向が強いとのこと。

職業ではデパートの売り場で働く人や美容師など「立ち仕事」の人や、逆に1日中パソコンに向かって仕事をしていたり「座り仕事」の人に多くいます。

立ち仕事でも、動かないでいると足に静脈血がたまり気味になります。

STEP4 ★下肢静脈瘤予防のポイント

スムーズな血液循環が大事ですので、以下の4点は必ず実践することをその記事では勧めています。健康のために是非実践しまよう。

(1)立ち仕事の人は15分のリズミカルなウオーキングを1日2回は行う!

(2)座り仕事の人は、40分に10分は休憩をとる! この場合の休憩とは、ウオーキングやストレッチをして脚の筋肉を伸ばすことである。

(3)眠るときは少し脚を高くする! 脚のむくみがとれる。

(4)お風呂には必ず入る! お風呂に入ると水圧がかかり、四肢、腹部、皮膚などの静脈血が心臓へ向かう。静脈還流が増えるのである。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

69

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する