更新日: 2011-04-05 22:34:34

話し方で人を惹きつける方法

著者: chaco_65

編集者: chaco_65

閲覧数: 1136

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Joi

“熱意を込め、才能と力の全てを注いで、効果的な話し方を学びなさい。自己表現力を鍛えることは、仕事や人生のあらゆる分野で自信を持つための近道。忍耐と、必ず報いられるという信念こそが、あなたを大きく変える。”

これはデール・カーネギー(アメリカ人1888~1955)の言葉です。

日常の中でも話し方はとても大切です。筋道を立てて発言しているつもりでも、なかなか相手に自分の言いたいことが伝わらないことがよくあります。

STEP1 【相手を説得するための大切なポイント】

Photo by toshihiko2001

①相手を説得する時には感情にまかせても伝わりません。
 
 ・大切なことは論理的に話を進めることです。

②論理的に話をするためには 起承転結 を使い、話を組み立てる必要があります。
 
 ・起・・・挨拶とタイトル(=言いたいことを簡潔にまとめたもの=作文で言えば題名)
  
   *テーブルスピーチや祝辞などの場合には挨拶の後に季語、そしてタイトルとなり    ます。
 
 ・承・・・具体的な事実の証明や、客観的事実を論理的に証明します。

 ・転・・・一番言いたいことであり、主張したい部分になります。内容は主張、感想、      思いなどの主観的な内容になります。

 ・結・・・読んで字のごとく、結論になります。ここでの結論は簡潔にまとめられてい      ることが大切です。

具体的な例)朝礼の場合
 
 起→おはようございます。

 承→今朝のテレビニュースによりますと…

 転→ところで我が社は…でなければなりません。

 結→今日も一日頑張りましょう♪

挨拶の後に具体的に今日は寒いですね…とか、季語にあたる言葉を添えると柔らかい印象になります。

その後に、話題の提供として自分の言いたいことに絡めた内容のトピックを出します。例えば、節電とします。実際には無駄な電気のつけっぱなしがあるとします。

転では、節電のための具体的な事例をまじえて説明をして、改善点を述べます。

最後に、協力して下さい♪等でまとめると、頭ごなしに節電のために電気をつけっぱなしにするなーと話すのとは違い、聞き手にも内容が伝わります。

STEP2 【起承転結の表現方法】

Photo by *嘟*

話をする中で 起承転結 にまとめることは先にも説明したとおり、とても重要なことです。これに感情や+αの要素を加えることにより、より説得力のある話し方になります。

①起の時には感情を込めて、にこやかにほほ笑みながらすることが大切です。相手の目線を外さずににこやかに自然とにじみ出てくるような微笑みを保つようにします。


例えば、朝の夫婦の会話の時にでも おはよう というだけでそっぽを向きながらムス―としているよりは おはよう♪今日もいい天気ねー などと+αがあるだけで温かい印象になります。

②承は冷静に淡々と話します。転をドラマティックに展開させるためには、ここの部分では自分の意見等は交えないで、事実のみを話します。 

③転では起よりも、もっと感情を込めて熱く語ります。

④結は、冷静にクールにまとめます。


起承転結にまとめて話を構成できるようになったら、次の段階です(*^_^*)

・相手の注意や関心をひきとめるために話すスピードやボリュームに抑揚をつけます。出来れば会話の中に簡単なジョークを交えるとより効果的です。また、その場の状況に応じてアドリブ等を表現できるようになれればパーフェクトです。

・日常の会話から少しずつ練習をされたら良いと思います。相手が不快に思う発言は避けたいものです。

STEP3 【人間関係を大切にするEQ人間になる方法】

Photo by 【J】

・適当に遊び心をもち、いつでもリラックスできるようになること。

・嫌な役割でも積極的に引き受ける姿勢をもつこと。

・どういう人生を生きていくのかといった、人生目標やビジョンを持つこと。

・人との付き合いでは、相手の利益を優先する習慣を持つこと。

・社内外にイザというときに役立つ人間関係を持っておくこと。

EQとは、簡単にいうと 人間関係を上手にこなす能力 のことです。

このEQは、自分が今、どんな感情(怒り、憎しみ、不安など)なのかを認識する能力、自分の不快な感情をコントロールして行動する能力、目標達成のために頑張ってやろうと自分をふるい起せる能力、相手の気持ちを認識して共感する能力、他人の感情をうまく受けとめて人間関係をうまく保つ能力によって構成されています。

このEQを高めるためには、自分が 主役 になることです。

自分自身の感覚を大切にして行った仕事や行動は人の心を動かすことができます。

もし結果が悪くても、フィードバックすることにより学習でき、個人財産として蓄積されるのです。自分を中心に改めて情報を再構築することにより、人を感動させる人間になれるのです。

EQテストの出来るアドレスがありましたのでお試しください

http://www.unnmei.com/eq.html

まとめ

2分間でまとめることが大切です。

誠実という言葉がありますが、いくら誠実な心があっても、明確な一つの行動やことばで表されなければ、他人には伝わりません。

相手に伝わらない場合は、プラスがマイナスになってしまうことさえあります。

親子関係や夫婦、友人、会社の上下関係、同僚間であっても相手に誠実が伝わらなかったばかりに疎遠になってしまうコミュニケーションは沢山あります。

そうならないためにも自分の本当の心を言葉として態度として表現できる能力を身につけましょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

87

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
chaco_65

精神年齢は今は下の子どもと同じくらい(*^_^*)
毎日いろいろなことを見て聞いて…
少しずつ成長していきたいな♪