更新日: 2011-04-02 16:38:22

複写の不思議

著者: mamamacaron

編集者: mamamacaron

閲覧数: 214

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by yto

領収書や伝票などの複写って不思議だと思ったことはありませんか?
昔はカーボン紙などを下に敷いて複写していましたが、
今はなにも敷かなくても複写できるのは、なぜでしょう?

STEP1

上からボールペンや鉛筆などで強く書けば、紙は白なのに下に文字が写ります。
これは紙の表面に仕掛けがしてあるのです。

二枚複写式であれば、「一枚目の裏」と「二枚目の表」に薬剤が塗ってあるのです。
感熱紙とは全く違います。

STEP2

まず、一枚目の紙の裏には色素の前駆物質(半人前の色素)がマイクロカプセルに入れられ塗られています。
そして二枚目の紙の表には酸性の物質が塗られています。

STEP3

文字が書かれると、紙の裏のカプセルが筆圧で破れて、半人前の色素が出てきます。
そして、紙の表の酸で一人前にし、初めて色が出るというわけです。

カプセルの大きさは数umから数百umという、とても小さいものです。
※umはマイクロメートル(ミクロン)で、ミリメートルの1000分の1です。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

43

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する