更新日: 2011-04-02 17:16:40

新人歓迎会で一発芸を求められた場合の対処法

著者: milchman

編集者: milchman

閲覧数: 2246

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by june29

新入社員にとって結構ドキドキする「自己紹介」。オフィスでなら普通にさわやかに名前と抱負を述べればよいのですが、歓迎会での自己紹介では「芸」を求められることがあります。どんなことをすれば良いのでしょうか。

STEP1

宴会などカジュアルな場での自己紹介は、オフィスでの自己紹介と違って、「聞いている人が楽しく新人の人となりを覚えられる」ものが求められます。

「一発芸」を用意するように事前通告されている場合ならなおさら、ある程度手の込んだものができないと、がっかりされてしまうでしょう。
新人からしてみれば「仕事でいっぱいいっぱいなのに、さらに芸なんて」と思うでしょうが、歓迎会を開催する側もそれなりの労力を割いているので、歓迎される側も手をかけるのはある意味マナーと言えます。

STEP2

手品や歌、物まねなど、大がかりな道具の要らない小技をひとつ習得しておくと、その後も持ちネタとして活用できて便利です。

時間がない、パフォーマンスに自信がない、ということでしたら道具に頼りましょう。たとえば、バラエティグッズショップに売っているような着ぐるみや変装セットは、着るだけでかなりのインパクトを出せて便利です。

なるべくなら、自分の人となりを示すような仮装(たとえば、猫好きをアピールするために猫の着ぐるみを着るなど)を選ぶと良いです。皆さんに楽しんでもらい、自分もその後の職場で楽しく過ごせるような自己紹介ができると良いですね。

まとめ

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

53

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する