更新日: 2011-05-07 13:07:43

小学生のとき、一人で猫のお産に立ち会ったショックから立ち直る方法

著者: tikumanikki

編集者: tikumanikki

閲覧数: 899

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by tikumanikki

猫のお産は、小学生の私にはショックでした。

そのとき、両親も留守でどうしていいかわからず、困り果てたことを覚えています。

それ以来子猫や子犬が怖いという、変なトラウマに陥っています。

STEP1 ★一人で立ち会った理由

その日の夜は、両親とも近所の公民館にに寄り合いがあって留守でした。

飼っていた猫が私の布団の中に入ってきていたのですが、そのうちになんと、お産が始まってしまいました・・・

布団の外に出すこともできず、そこで産ませました。

STEP2 ★3匹生まれました。

でも、その時の状態はとても可愛い状態といえるものではありませんでした。

STEP3 ★それ以来、小さい猫や犬はだめになりました。

小さい子猫や子犬が沢山いると、写真を見ただけで卒倒しそうになります。

色々試してみたのですが、やはりダメです。

子猫を好きにはなれませんでした。

猫好きの方、ほんとーーーーーうにごめんなさい。

まとめ

http://www.ac-illust.com/member_ill_solo.php?id=19109
イラストタイトル: 泣きネコ
Illustration作者『白玉』さん

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

108

関連タグ:

tikumanikkiさんのコメント

2011/04/02 11:48:58

ai_ai_55さん、コメントありがとうございます。
ai_ai_55さんも、経験あったんですか。
普通、猫の習性とすれば人のいないところに行って産むといいますよね?
家の猫普通じゃないと思ってました(笑) いたんですね、家の猫みたいなのが。

ai_ai_55さんのコメント

2011/04/02 11:29:41

私も小学生のころ、朝起きたら布団の中で出産してたことあります。後には、分娩補助を猫から要求されたことも、、、おなかさすってたら本当に産まれてきました。 猫だろうと、人だろうと、好きな物は好き。苦手な物は苦手。 苦手だからって、気にすることないですよ。

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する