更新日: 2010-09-13 22:52:21

低温蒸しでおいしさUP

著者: 蜜柑

編集者: 蜜柑

閲覧数: 283

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by kubowaku

栄養素も甘みもUPする低温蒸し!

STEP1

野菜を高温で蒸すと、しなってしまいますが、低温(約65度)で蒸すことで、細胞壁ができ、酸素が活性化することで、シャキッとしたまま、蒸すことができるのです。

STEP2

ほうれん草の低温蒸しは、ビタミンCが約2.2倍、しいたけはうま味成分などが、約3倍に!!

STEP3 蒸し器がなくても、低温蒸しができる方法

お鍋に水1Lを入れ、菜箸を置いて網を乗せましょう。

STEP4

その上に、野菜を乗せ、鍋と同じほどの大きさのボウルで蓋をしましょう。
※かぶせたボウルは熱くなるので、注意。

STEP5

加熱し、隙間から温度計を差込み、低温を保つことで、低温蒸しができます。

STEP6

温度が上がりすぎた場合は、火を止めます。

まとめ

レンジで加熱するよりも蒸した方が、加熱時間がながくなるため、酸素の働く時間がながくなり、甘みが増える。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

48

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
蜜柑

冬になったので、パイナップルから蜜柑へ名前を変えました。
甲子園観戦と読書が好き。

必要なもの

蒸し器

蒸し器がなければ…
鍋、菜箸、網、鍋と同じ大きさのボウル
温度計