更新日: 2011-03-31 22:44:03

生クリームが泡立つ仕組みを知ろう!

著者: せっちゃん

編集者: せっちゃん

閲覧数: 739

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Kuruman

ふわふわの生クリームは美味しいですね。仕組みをしって、より美味しいクリームをつくりましょう。

STEP1 <泡立ち>

生クリームを泡だて器でかきたてていくと、だんだんとろみがついてきて、絞り出してみ形がくずれないくらいの固さに泡立ちます。

この「泡立ち」という状態は、クリームに含まれる脂肪酸がくっつきあって網目状の構造を作ることで成り立ちます。

STEP2 <とろみ>

生クリームの脂肪酸は脂肪球と呼ばれ、周囲を特殊な膜で覆われた細かい粒子の形で水分の中に分散しています。

これを強い力でかきたてると、脂肪酸どうしが激しくぶつかり合い、その衝撃で膜が破れ、崩れた者同士がくっつきます。これがクリームに「とろみ」ができる状態です。

STEP3 <泡立った>

さらに泡立てると、脂肪酸がつぎつぎに集まって網目状に連なり、しっかりした組織をつくります。こうして絞りだしても形が崩れない「泡立った」状態がつくられるのです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

90

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
せっちゃん



斉藤和義が大好きな、男の子二人のママです。

そして、コーヒーと新聞があれば落ち着きます。。。