更新日: 2011-04-01 16:50:48

子供にお金の大切さを教える方法

著者: jejejeaki

編集者: jejejeaki

閲覧数: 923

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Rhys's Piece Is

いまどきの子供はお金の入る6つのポケットをもっていると言われています。物があふれる時代、お金の大切さをどう教えたらよいのでしょう。

STEP1 『お金は誰かの労働によって得ている』

少子化の時代、親だけでなくその祖父母を合わせて6つのポケットを
持っていると言われているいまどきの子供たち。
苦労しなくてもお金を手に入れることができます。

しかし、お金は誰かが働いて得ています。
職場と自宅が離れていては、親の働く姿を見ることはないでしょう。
けれど、街にはたくさんの人が働いています。
そのことをしっかりと教えましょう。

STEP2 『お金は無条件に与えない』

子供にできる手伝いをさせましょう。
学用品など必要なもの以外は、きちんと約束を守って
手伝いや勉強を条件に与えましょう。
これは、祖父母の協力も必要です。
高価なものは、誕生日など記念日に買うなどしましょう。

STEP3 『お金はきちんと管理させる』

おこずかいを与える時は、こずかい帳をつけさせきちんと残高と
現金があっているか、変な使い方をしていないかチェックしましょう。
ある程度は子供の裁量に任せて使わせますが、こずかい帳をきちんと
つけていなかったり、あきらかに不審な使い方をしているときには
こずかいを与えないようにしましょう。

大人になった時に、自分で働いて、お金をきちんと管理できるように
小さな時からきちんとしつけましょう。

まとめ

友達の家では持っているとか子供は色々言いますが、他の家と自分の家は違うと毅然と対応しましょう。きっと親も試されているのです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

107

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する