更新日: 2011-03-31 15:58:01

日本のチョコレート、フランスのチョコレート

著者: せっちゃん

編集者: せっちゃん

閲覧数: 477

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by kibun

チョコレートの日本の規格とフランスの規格の違いをみてみましょう

STEP1

日本の規格では、カカオ分の含有率や添加物の有無によって、チョコレートを「純チョコレート」「チョコレート」「準チョコレート」の3種に分類します。

純チョコレートの規格はカカオ脂を18%以上含み、他の食用油脂やレシチン以外の添加物を含みません。

STEP2

フランスではカカオバターを31%以上含む非常に純度の高い「クーヴェルチュール」と呼ばれるチョコレートがよく使われます。
これは調温などの扱いが難しいものですが、油脂分であるカカオバターを多く含むために、のびや艶にすぐれ、きわめて口どけがよいです。

STEP3

日本とフランスのチョコレートは非常に美味しいですが、お菓子つくりにはフランス製のクーベルチュールをつかうとより美味しくしあがります。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

79

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
せっちゃん



斉藤和義が大好きな、男の子二人のママです。

そして、コーヒーと新聞があれば落ち着きます。。。