更新日: 2011-03-31 15:09:15

チョコレートの歴史「苦い水」から「チョコレート」への道のり

著者: せっちゃん

編集者: せっちゃん

閲覧数: 453

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by june29

美味しいチョコレートの歴史を探ってみました。
考えれないほど、苦かったようです。

STEP1

フランス語のchocolatは、チョコレートとココアの両方を意味します。
チョコレートもカカオ樹の種子であるカカオ豆が原料だから?でしょう。

カカオの原産地、中南米では、紀元前からカカオ樹が栽培されていました。

STEP2

マヤやアステカの人々は、カカオを神からの授かりものとして大へん珍重していたようです。

しかし、その当時の食べ方は今とは違い、カカオ豆を煎り、潰して湯で溶き、香辛料やトウモロコシ粉を混ぜてつくったドロドロした飲み物でした。

STEP3

この不思議な飲み物に最初に出会ったヨーロッパ人はコロンブスでした。
これをヨーロッパにつたえたのは、アステカ王国を征服したスペイン人でした。

STEP4

現地の言葉で「苦い水」と呼ばれていた飲み物は、次第にバニラを加えたり、砂糖や生クリームを加えて現在のようなチョコレートになりました。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

80

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
せっちゃん



斉藤和義が大好きな、男の子二人のママです。

そして、コーヒーと新聞があれば落ち着きます。。。