更新日: 2011-03-31 06:03:19

「震度」の数字を見てどの程度の規模かを知る方法

著者: ぽたる

編集者: ぽたる

閲覧数: 493

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by jmettraux

地震が起きるたびに「地震速報」で「震度」が発表されますが、具体的にどういう状態を表すのか、気象庁による震度の階級(気象庁震度階級)をガイドします。

STEP1 【震度とは?】

「震度」は人が体で感じる揺れの大きさを単位で表したものです。それに対してマグニチュードというのは「地震の規模」を表します。震源に近ければ近いほど震度は大きくなりますが、震源からの距離が同じでも、地盤の固さにより揺れは変わってくるため、場所によって震度が違う場合があります。

兵庫県南部地震(1995年)・・・・・震度7
新潟県中越地震(2004年)・・・・・震度6強
福岡県西方沖地震(2005年)・・・・最大震度6弱
東北地方太平洋沖地震(2011年)・・最大震度7

STEP2 【震度0】

揺れを感じない。

STEP3 【震度1】

屋内でわずかな揺れを感じる。

STEP4 【震度2】

電灯などのつり下げ物が揺れる。

STEP5 【震度3】

食器類が音を立てることがある。

STEP6 【震度4】

かなりの恐怖感があり、一部の人は身の安全を図ろうとする。

STEP7 【震度5弱】

棚にある食器類が落ちることがある。

STEP8 【震度5強】

補強されてないブロック塀の多くが崩れる。

STEP9 【震度6弱】

直立困難。耐震性の低い木造建物は倒壊するものがある。

STEP10 【震度6強】

耐震性の低いコンクリート建造物は、倒壊の恐れがある。

STEP11 【震度7】

建物は倒壊し、地割れ、地すべり、山崩れが発生する。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

60

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
ぽたる

「ぽたる」はたまたま登録時に
息子がほたるのことをぽたると
言っていたのでつけました。

みなさまどうぞよろしく
おねがいいたします!