更新日: 2011-03-31 02:46:19

南極料理人に学ぶ「捨てない料理法」

著者: pooh-n

編集者: pooh-n

閲覧数: 2753

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by taylorandayumi

映画にもなり話題となった南極料理人の西村淳さん。西村さんの料理術の基本は「食材を無駄にしない」「ゴミを絶対に出さない」というもの。それはとってもエコで、とっても節約に役立つ、地球にもお財布にも優しい料理術。基本からレシピ例までたっぷり紹介します。

STEP1 ★基本は「捨てない」

とにかく食材、余り物などのすべてを利用して料理を作り、捨てるものをなるべく減らすこと。これが西村さんの料理術の基本です。

この料理術のメリットは2つ。

①ゴミが減ってエコ。
②節約になる。

せっかく買ってきた食材を捨ててしまう。これほど無駄なことはありません。「捨てる」という行為は、エコにも節約にも一番の敵です。
この料理術で一番大切なことはこれ!

「捨てる前に何かに活用できないか真剣に悩む」

食材や余り物を前にしたとき、まず悩んでみることを習慣にしましょう。

STEP2 ★食材すべてを使い切る

生ゴミでたくさん出るのが野菜くず。皮やヘタ、種など、けっこう捨てている部分が多いですよね。でも、よくよく考えてみてください。食べられる場所まで捨ててしまっていないでしょうか?

例えば大根や人参、カブ。大抵、調理するときに皮をむきます。茎や葉を落とします。むいた皮や落とした茎と葉はけっこうな量になるはずです。それらを捨ててしまうのは、とてももったいない!大根や人参、カブは捨てる場所がないぐらい、すべての部位を食べることのできる野菜です。

例えばピーマンやナス。ヘタを取るときに余分な部分まで切ってませんか?きれいにヘタだけを取ることができれば、おいしい実の部分を無駄なく使えますよね。

探してみると、食べられるのに捨ててしまっている部分が多いことを発見します。発見したら、無駄にしない方法を考えましょう!
無駄にしない方法をいくつか紹介します。

①大根と人参の皮のきんぴら
大根と人参の皮を5センチほどの長さの千切りにします。
フライパンにごま油を熱し、中火でさっと皮を炒めます。
砂糖、みりん、しょうゆで甘辛く味つけ、水気がなくなるまで炒めたら完成。

②葉っぱのふりかけ
使うのは大根や人参、カブの茎や葉。
荒めのみじん切りにして、ごま油で炒める。
かつお節、ゴマも一緒に炒め、しょうゆで味つけ。
水気がなくなるまで、しっかりと炒めたら完成。
お好みで七味を加えるとピリッとしておいしさアップ!

③野菜たっぷりドライカレー
大根や人参の皮、ブロッコリーの茎、キャベツの芯、ピーマンのヘタ周りなど、捨てがちな野菜の部位をすべてみじん切りにする。
玉ねぎもみじん切り。
フライパンを火にかけ、オリーブオイル、しょうがのすりおろし、にんにくのみじん切りを炒めて、香りを出します。
十分香りが出たら、合挽き肉を加えて炒めます。
合いびき肉に火が通ったら、玉ねぎと刻んだ野菜を加え、さらに炒めます。
カレー粉、ケチャップ、とんかつソース、しょうゆを混ぜてカレーペーストを作ります。
カレーペーストをフライパンに加え、ミンチや野菜となじむまで炒めて完成です。
カレー粉を多く入れるとスパイシーな大人の味、ケチャップを多めにすると甘い子供向けの味になります。自分の好みの配分を探してみてくださいね!

④お茶の葉ふりかけ
お茶の出し殻を天日で乾燥させます。
乾燥はレンジでもできます。(ラップをせずに様子を見ながらかけましょう)
乾燥したお茶の出し殻をすり鉢ですりつぶしていきます。
粉末の和風だし、かつお節を加え、さらにすりつぶします。
最後にゴマをさっと混ぜて完成。
お茶の種類は何でもOKです。
お茶は栄養満点。ですが、飲むだけでは栄養の多くを摂取できません。
お茶の葉に栄養が残ってしまっているので、葉も食べるのが一番!
健康にもいいレシピです。

STEP3 ★余り物を使い切る

がんばって作った料理。でも、食べきれずに残ってしまうこと、よくありますよね。また、煮物を食べた後にダシだけが残っていたり…。これらを簡単に捨ててしまわずに、アレンジして違う料理に変身させましょう。

いくつかアレンジレシピを紹介します。

①おでんや筑前煮→炊き込みご飯
余った具材は食べやすい大きさに刻みます。
お米を洗い、具材とともに余ったダシで炊きます。
ダシが足りない場合は、水、粉末だし、しょうゆ、みりんを足して、味を整えてください。
じっくり煮込んだおでんや筑前煮のダシは絶品。
そのダシを吸ったごはんは最高においしくなりますよ!

②炊き込みご飯→ドリア
バターを塗った耐熱皿に余った炊き込みご飯を入れます。
缶詰のコーンクリームを鍋で熱し、あたためます。
あたたまったらマヨネーズを少し入れます。
できたソースを炊き込みご飯の上にかけ、チーズをかけて焼けば出来上がり。
コーンクリームでソースを作ると、コクがあってまろやかな仕上がりに。

③肉じゃが→コロッケ
具材とダシに分けておき、具材をつぶしてコロッケの種を作る。
種が柔らかすぎる場合は、湯でたジャガイモを足す。
丸めて、衣を漬けて揚げる。
種自体に肉じゃがの味がしっかり染みているので、何もつけずに食べてくださいね。

④ほうれん草のおひたし→ビビンバ風まぜごはん
ほうれん草のおひたしは水気をしっかり絞って、少量のごま油を合える。
フライパンにごま油を熱し、しょうがのすりおろし、にんにくのみじん切り、合いびき肉を炒めます。
酒、しょうゆ、コチュジャンで味付ければ肉味噌の完成。
丼にごはんをいれ、その上にほうれん草、肉味噌を盛ります。
最後に卵黄をのせれば完成です。
卵をつぶして、しっかりと混ぜて食べてくださいね!

まとめ

「もったいない」これは世界共通語になっているぐらいすばらしい言葉です。まさに、西村さんの料理術の根底にあるのは「もったいない」の精神。
「もったいない」を合言葉に、普段の料理を見直してみてください。きっとまだまだ食べられる部分が見つかりますよ!

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

109

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
pooh-n

だんなサマと2人の子供、そして2匹のネコたちとのんびりライフを満喫中。

好きなことは…

★冷蔵庫とにらめっこして、オリジナルレシピを考える。 ...