更新日: 2011-03-31 22:03:50

「苺」 いちごの由来について

著者: BBpoint3

編集者: BBpoint3

閲覧数: 740

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by Debs (ò‿ó)♪

「苺」に「母」が使われている訳は?

STEP1 《 いちごはどこから? 》

江戸時代の終わりころオランダから輸入されました。
明治時代になって、本格的に栽培されるようになりました。

STEP2 《 苺(莓)の漢字の意味 》

「母」の漢字が、「乳房」を表していることから
「乳首のような実がなる草」
「どんどん子株を産み出す」という意味があります。

STEP3 《 花と実について 》

Photo by mwri

☆バラ科で白くて小さな花を咲かせます。
☆つぶつぶはそれ自体が「果実」
 そのひとつひとつの中に種が入っています。
☆赤い実の部分はめしべの土台となる「花托」が発達したものです。

まとめ

いちごは、先端(へたの反対側)のほうが糖度が高いので、
へた側から食べると、最後まで甘く食べられます。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

84

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する