更新日: 2010-09-13 20:42:23

直球に限界を感じたので、揺れる球を投げたい。

著者: ichi120620

編集者: ichi120620

閲覧数: 290

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by taishi

最近はバッティングマシーンの普及で、高校生でも140キロくらいの直球なら打てる選手が増えています。それでかもしれませんが、高校生で140キロ投げる投手が、もう直球に限界を感じたので、大リーガーが投げている揺れる球を研究している話を聞きました。ただ、ピッチングはコントロールが大切で、いくら140キロでも真ん中ばかり投げていては打たれても仕方ありません。そのことを理解した上で、揺れる球の投げ方を考えてみましょう。

STEP1

揺れる球と言っても、その投手によって投げ方は違う。研究が必要。

STEP2

簡単なのは、人差し指と中指をくっつけて、縫い目に指をかけないようにして投げると揺れるようになる。

STEP3

ただし、これではコントロールがままならなくなるので、自分で調節して、コントロールをつけるようにする。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

29

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
ichi120620

二児の父です。