更新日: 2011-04-05 20:08:04

家電の上手な節電方法~炊飯ジャー

著者: yosuke-mama

編集者: 松ヒメ

閲覧数: 761

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by 南部真一

東北地方太平洋地震により被災された皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。
震災による電力不足で、今、節電の呼びかけがさまざま行われています。

毎日使っている家電製品も、使い方の工夫でさらに節電できます。
消費電力を抑える家電製品(炊飯ジャー)の上手な使い方を紹介します。

STEP1 【ポイント①】長時間の保温はしない

炊きあがったご飯を「保温機能をつけっぱなし」はにしていませんか。
保温機能を使うと無駄な電気代が消費されてしまいます・・・

炊飯器で保温せず、冷蔵庫や冷凍庫で保存して電子レンジで温め直しましょう。
どうしても保温する場合は、必要最低限にしましょう。

長時間ご飯を保存する場合は、一度冷凍庫に入れ、食べる時に電子レンジでチンしてから食べたほうが、電気代をカットできます。

STEP2 【ポイント②】ご飯は沢山まとめて炊く!

実は・・・1合を4回炊くより、4合を1回炊く方が電気代がかからないってご存知でしょうか。

ご飯はなるべく1度に多く炊いて、ラップに包んで冷凍保存しておくようにしましょう。
そして、食べるときにレンジでチンする方が電気代の節約になります☆彡

しかも、炊きたてを冷凍保存することで、美味しさも損なわれず保存できます。

とってもおススメです~(^^♪

さらに注意するポイント・・・大きい炊飯器ほど消費電力量も大きくなりますので家庭の人数にあわせたちょうどよい大きさの物を選びましょう。

STEP3 【ポイント③】使わない時はコンセントから電源プラグを抜く

長時間使用しない時はプラグを抜きましょう。
他の家電でも同じかと思いますが、やはりプラグの差しっぱなしはNGです!

一日中にさしっぱなしだった炊飯ジャーのコンセントを、
炊くときだけ入れるようにすると、待機電力の節約につながります。

炊飯ジャーの待機電力は1.7W、1日の内で
炊飯ジャーを使わない時間は20時間として計算すると、年間約270円の節約に!

何もせずに270円の節約が出来るなんてとってもおススメの節約方法です☆

まとめ

ぜひ、お試しいただき、節約・節電を心がけましょう♪

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

69

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する