更新日: 2011-08-10 14:49:50

スライダーやフォークボールは肘を壊すと聞きますが・・・チェンジアップを覚えるコツ

著者: ichi120620

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 1134

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by monoooki

たしかにスライダーやフォークボールを投げると肘や肩に負担がかかりますから、その人によっては、肘が痛くなったり、肩に違和感を感じたりすることもあるかもしれません。しかし、これは40歳を過ぎても、プロ野球でやっている投手がいるのですから、練習後のケアやトレーニングなどで、ある程度防ぐことも可能です。それでも、気になるようでしたら、チェンジアップを試してみてはいかがでしょうか。

STEP1 ケア

トレーニングや練習後のケアをしっかり行います。

STEP2 チェンジアップ

それでも、気になるのならチェンジアップを覚えます。

STEP3 チェンジアップ

他の変化球に比べて、肩や肘への負担が少ないと言われ、大リーガーにはチェンジアップの使い手が増えています。

ただチェンジアップでも、肩や肘への負担が0ということはありませんから、練習後のケアが大切なことは同じです。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

16

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
ichi120620

二児の父です。