更新日: 2011-03-25 22:20:11

日本の紙幣の始まりは?

著者: mamamacaron

編集者: mamamacaron

閲覧数: 583

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by MJ/TR (´・ω・)

ただの紙なのにモノやサービスと交換できてしまう紙幣。なんだか不思議な気もする紙幣のルーツは?

STEP1

「山田羽書」を御存知でしょうか?これは伊勢の山田で発行された紙幣で、日本の紙幣の元祖と言われています。

STEP2

17世紀のはじめごろ、関西地域では大型の貨幣が使われていましたが、それはかさむ上に重く、不便でした。そこで伊勢山田の商人たちは貨幣の代わりに金額を紙に書き、預かり手形として発行するようになりました。これが山田羽書の始まりと言われています。

STEP3

羽書は山田のほか、松坂・射和・丹生・白子・一身田等でも発行されるようになり、県域外においても、山田羽書がもととなって全国で流通する商人札へと発展しました。
さらに、藩が独自に発行する紙幣、すなわち藩札の起源ともなり、明治4年にすべての藩札処分により政府の全国統一の新紙幣と交換されるまで、山田羽書は使われました。
山田羽書は日本初の紙幣であり、江戸時代を通じて発行され、全国の紙幣経済の基礎となったのです。

まとめ

約300年も続いた紙幣というのは、世界の通貨史のなかでも極めて珍しい例だそうです。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

68

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する