更新日: 2014-03-03 12:58:21

雛人形 早くしまわないとお嫁に行き遅れるって本当!?

著者: snow14flower

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 2188

Okgn btn gudie info favorite

1

関連タグ:

はじめに

Photo by Conveyor belt sushi

昔から「雛人形を早くしまわないとお嫁に行き遅れる」と言われていますが、なぜそのように言われているのでしょうか。それは、昔の人のこんな考え方に由来します。

お雛様は我が子の厄を引き受けてくれる

我が子の厄を引き受けてくれた人形をいつまでも身近に置くと幸せな結婚ができないと考え、早く片付けて災いを遠ざけたほうが良いとされていました。

雛人形は宮中の婚礼の様子を模しているので…

雛人形を娘の結婚になぞらえ、早く飾り出すと「早く嫁に出す」早くしまうほど「早く片付く(嫁に行く)」とされて、早くお雛様のような幸せな結婚ができるようにと願いました。

片付け出来ない女性は良い嫁にもなれない。という考え方

雛人形を片付けるのは面倒ですが、片付けも満足にできないようではきちんとした女性になれず、良い嫁にもなれないと考え、早く片付けるようにしつけました。

すぐに片付けられない場合にはお雛様を「後ろにする」という方法も
こうして早めに片付ける風習となったのですが、時間がない場合や湿気が多い雨の日には片付けには向きません。そんなときにはお雛様を後ろ向きに飾って「お帰りになった」「眠っている」と解釈する方法もあります。
もちろん気にせず飾っておいてもいいのですが、春の訪れを祝うという意味では春分の日までにはしまうのがよいでしょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

105

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する