更新日: 2011-03-24 16:56:10

空いた時間でスキルアップ!国語力を高める方法

著者: pooh-n

編集者: pooh-n

閲覧数: 1896

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by noplans

書類を読み解いたり作成したり。日常においてもビジネスシーンにおいても、国語力ってけっこう重要です。「あー、もっと勉強しておけばよかったなぁ」なんて後悔すること、ありませんか?だったら、空き時間を利用してがんばってみましょう!手軽に国語力をアップさせる方法をご紹介します!

STEP1 ★国語力アップのカギは日々の訓練

国語力をアップさせるにはどうすればいいか。方法はとてもシンプルです。

たくさん読んで、たくさん書くこと。

これに尽きます。勉強というよりは訓練ですね。でも、一度にたくさん読んだり書いたりする必要はありません。少しずつでいいので継続して行うことが大切です。つまり、読み書きを習慣にしてしまうのです。

日々の習慣にする。実はこれが一番難しいですよね。一時的には行えても、忙しくて時間がとれなくなってしまったり、三日坊主に終わってしまったり…。だからこそ、わざわざ時間を作って読み書きの訓練を行うのではなく、空いた時間を使って手軽に行いましょう。

STEP2 ★読む力の訓練

ステップ1で書いたとおり、重要なのは「たくさん読むこと」です。

ジャンルは問いません。自分の興味のあるものをたくさん読みましょう。気をつけるべきポイントは2つ。

・文章が主体のものであること。漫画はオススメしません。
・何度も読み返すこと。熟読しましょう。

たくさん読むといっても、何を読めばいいか悩む人もいるでしょう。そんな方は以下を参考にしてみてください。

・普段あまり読書をしないのであれば、エッセイが読みやすくてオススメ。
・雑誌に掲載されているインタビュー記事やエッセイは分量的にも読みやすいです。
・新聞やインターネットのニュース記事をよむと、時事も身について一石二鳥。
・たくさん本を買うのは大変です。図書館を活用してみましょう。

STEP3 ★書く力の訓練

これも、重要なのは「たくさん書くこと」です。ただ、読解よりは敷居が高いと感じる人も多いはず。いきなり「書け」といわれても、何を書けばいいかわからないですよね。

一番、簡単な訓練方法。それは、日記をつけることです。

その日にあった出来事、思ったこと。何でもいいので書いてみてください。きれいな文章で書く必要なんてありません。まずは、思ったままに書いてみましょう。そのうち、自然ときれいな文章になっていきます。

「日記なんて続かない」と心配な人。毎日書こうと頑張らないようにしましょう。忙しくて日記を時間がなかったら、その日はなし。書けるときに書く、そう割り切って始めると、案外長続きしますよ。

まとめ

国語力をアップさせるのは時間がかかります。訓練を始めてすぐ、効果が現れるものではありません。継続すること、これが何よりのポイントです。

私の場合、書くことを本格的に始めたのは小学校5年生のときです。先生に1冊のノートを渡されて「何でもいい、下手でもいい。思ったことを書きなさい」と教えられたときがスタートでした。以来、ずっと書くことを続けています。忙しい時期には日記を年単位で中断していたこともあります。それでも、また再開したのは、習慣になっていたからです。

とりあえず、難しく考えずに始めてみてください。長く続けることですから、楽しむこと。これが一番の秘訣ですよ。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

86

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
pooh-n

だんなサマと2人の子供、そして2匹のネコたちとのんびりライフを満喫中。

好きなことは…

★冷蔵庫とにらめっこして、オリジナルレシピを考える。 ...