更新日: 2011-03-24 10:10:34

ワタナベマキさんに学ぶ豆料理の基本

著者: kumiko3

編集者: kumiko3

閲覧数: 1141

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by taishi

料理研究家ワタナベマキさんに学ぶ豆料理の基本。豆は保存がきく栄養食品です。

STEP1 [豆には色々な種類があります]

豆には、色々な種類があります。

煮てもおいしい虎豆(とらまめ)、紅絞(べにしぼり)、長うずらなど変わったものから、黒豆、大豆

料理に使いやすい豆は知名度のあるもの。
例えば黒豆。この黒豆は、サラダ、ごはんだけでなく、ケーキにも。
大豆は五目煮や、洋風のスープにも使えます。
キドニービーンズ、ひよこ豆はほくほくとした食感で最近人気の豆です。

STEP2 [豆の下準備]

大豆の下準備は、どれもほぼ一緒。
豆はまとめてゆででおき、保存しておくと重宝します。

豆の3~4倍の水にひと晩つけて、下準備しておきましょう。

STEP3 [豆をゆでる]

実際に豆をゆでていきます。

ひと晩もどした豆を鍋に入れて、かぶるくらいの水を入れます。

中火で火にかけて沸騰するまで。蓋はずらしておきます。
沸騰したらアクをとって、今度は蓋をせず弱火で1時間煮ます。

豆に水がかぶった状態をキープするのがうまくいくコツ。
水がなくなりそうなら、上から水を足しながら煮ていきます。

豆200g(乾燥時)に対して小さじ1の塩をかけて味をつけておくと、料理に使いやすくなります。

STEP4 [保存]

密閉袋に入れて、バットに平らにならしてから冷凍すればコンパクトに冷凍できます。
これは1ヶ月持ちます。

ヒヨコ豆は乾燥時200gに塩小さじ1、サラダ油100ccでオイル漬けにすると、冷蔵庫で2週間程度持ちます。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

50

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kumiko3

好きなジャンル:料理(お菓子作り、パン作り)とコスメ。そして時々自動車、自転車も好き。

日々のモットー:毎日、楽しく過ごしたいというのがモットー!ス...