更新日: 2010-09-11 13:48:45

私と哲学との出会い

著者: ebmnbm

編集者: ebmnbm

閲覧数: 219

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

私はこの叙述の中で、私が哲学に目覚めた経緯を語りたいと思う。まずこの経緯をたどるには、今から遡ることおよそ二年前、私が十九歳のときに起こった事件から話さねばならない。
 十九歳のとき、私は警護員にあこがれ、その職業の門をたたいた。それは要人警護という職に就くために必要な階段でもあった。私は最初にその道の専門学校に入り、色々な知識、技術を学んだ。その中では苦しいこともたくさんあった。しかしわたし生まれつき、自分の意思を貫き通す人格である。だから私はくじけず、それを最後まで全うした。しかしその途中でも私には、ある考えが付きまとっていた。私はその時、ふと寝る前に天井を仰ぎながらこう思った。
 「正義とは何だ。」「人間とは何のために生きている。」「人は感情的になると、なぜ、周りが見えなくなるのか?」「私がいくら言葉を周りに振りかざしても、人々はそれに感化されないのか?」等などである。
 これらの問いに対して、その時の私は答えられなかった。しかし今その問いの答えが分かっている。それらは結局私の根源的素質にあった哲学的反省だったのである。
 そして私はそれら雑念が渦巻く中、刑法の授業を弁護士の先生から受けていた。わたしにはその授業内容がよく分かっていた。その結果私はその先生から認められ、五段階評価中最高のAをもらった。その通知表を見ている私に、先生は最後にこう言った。「お前は頭が良いから、それを活用しろ。」と。
 それから私は奮起一転した。今までやってきた警護への夢をなおざりにし、私は机に向かった。まず手始めに政治学をはじめた。その理由は、こうである。私はもともと野心家であり、将来国の中枢を担う立場に立ちたかったのである。したがって私が行った行為は至極自然であると言えよう。だがここで一つの疑問を投げかけられるかもしれない。それは政治家と警護官とは立場的にまったく反対ではないか?という疑問である。しかしその質問には一つの共通点がある、と私は述べたい。政治家も警護官も、人を助けるという立場にいる。その人助けに強弱の差はあれど、そこに矛盾はない。それは思索を積み重ねた今でこそ、答えられる質問である。倫理観、それが私を突き動かしたのである。
 さて私は政治学を一通り、およそ半年かけてやり終えた。毎日、十時間以上の勉強、そのおかげで私はこの学問を短期間に終えられたのである。しかし私にはどうもこの学問がしっくりこなかった。ベトナム戦争、アメリカの他国への政治的介入、パレスチナとイスラエルの紛争。それらの事は一見まったく別のことに見える。だがどうしても私にはそれが同じことのようにしか見えなかったのである。そして私はそれらの疑念渦巻く中、右往左往していた。そんな中、私はある本屋に立ち寄った。いつものように政治学の本を探していると、たまたま一冊の本が目にとまった。それはアンリ・ベルクソンの哲学的直観であった。
 私は最初その本を興味本位に手に取り、そのまま家に持ち帰ったに過ぎない。しかしそれは安易な行動に結びつかなかった。私はその本をめくるごとに目を見張った。この本の中に書かれている事は、私の思索と似ている。私は夢中になった。幾度もその本を読み返し、驚嘆を露わにする。私はその瞬間に初めて同族を見たような気がした。その本の中に描かれている普遍的な知。それが私にすさまじい印象を与えたのである。
 

STEP1

それからというもの私は憑かれたように哲学にまい進していった。普遍的な事象、そしてそれに伴う普遍的な真理。哲学に対する私の情熱がそれらをより良く理解させていったのである。
 ショーペンハウアー、カント、ルソー、ヘーゲル、ヴォルテール、プラトン、セネカ。それらの哲学者、さらには物理学、精神医学、心理学、小説、等々などが私の主な関心ごとであった。私はそれら雑多な知識を自らの判断力によって、統一することに歓喜を覚えた。
 そして私は自ら筆を取り、机に向かった。今までに考え続けてきたことを次から次へと文章に仕立てていった。私は、この時ほど文章を書く困難さを体感したことは無い。だがそれはまた言葉によって自らの理論を体系化するという大切な仕事でもあった。人が書いた本を読むのも理解するのもそれほど難しいことではない。自らが考えることがもっとも大変なのである。私はその時も今もそう思う。
 そして私は自分の能力と向かい合ったその論文の数々を見たときに、遅まきながらこう感じた。
 「自分には、学問への道が最も向いている。」と。
 その結果私はより深く学問を探求したいと思い立ち、大学へ歩を進めようと決心した次第である。


 

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

16

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する