更新日: 2010-09-11 11:24:42

哲学の道のり

著者: ebmnbm

編集者: ebmnbm

閲覧数: 182

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

人々に哲学という言葉を聞かせると、彼らは一歩退いてしまう。もちろん、私にはこの理由が分かる。「哲学」という表題が面倒な印象を与え、人々をそこから遠ざけてしまうのである。そして私がここで行う試みはそれを少しでも緩和しようというものである。
 まず誤解されるのが、哲学は難しいという事である。その結果、哲学の入り口で立ち往生してしまう人がほとんどである。しかしその人々の先入観は当を得ていない。哲学とは人間に必須のものである。本当は知らないうちに哲学をしているのに、唯、それを意識的に解しないという理由だけで人々は哲学を難しい学問だと思っているのである。ショーペンハウアーは述べた。「我々は音楽を聴いているときに、知らず知らず、哲学をしている。」と。この言葉にある通りに我々はさまざまな環境下において、哲学をしているのである。
 
 

STEP1

 人が危機に襲われた時に、とっさに行動を起こすのも一応哲学の分類に入るであろう。ほとんどの場合、危機的状況において、人は硬直してしまう。これは本能的なもので、これを克服するには訓練を行うしかない。したがって、私が最初に触れた危機的状況においてとっさに行動を起こす人間は少なからずとも日ごろからイメージトレーニングや頭の中でシミュレーションを行っていたのであろう。実際、特殊部隊員のやつらは普段はいい加減でやる時はやる人間がほとんどである。それに彼らは気晴らしや頭脳ゲームを欠かさない。それに普通の人が思うのとは違い、特殊部隊にはほとんどと言っていいほど規律がない。そしてそれはまた反対に大変な事である。なんと言っても規律が無い以上、自分で規律を作らなければならない。もうそこから彼らは処世哲学を始めている訳である。一般的な概念から見ると規律が多いのが安心なのである。しかしその安心は本当は慢心であるというのが私の説明で分かって頂けたと思う。

STEP2

 次に本当の哲学者がどのような道のりを経て、複雑な理論体系を構築するかを簡潔に述べてみよう。むろん、最初は自分を処する処世哲学を彼らは習得する必要がある。思考方法、弁論術、勉強の仕方、人の観察及び心理学的見解などを彼らは小さい頃からひたすら磨き上げるのである。その結果、稀有な人物が出来上がる、という訳である。順序を最初からもう一度述べると、まず処世術、次に行動、最後に理論を構築という具合になる。
 最後に述べておくが、哲学など本を読んでも読まずともできるものである。いくら本を読んでも哲学者の資質が無いものは、その行為自体に意味が無い。そして哲学者の資質が備わっているものが見識を広げようとして、初めて本を手に取る時こそ前世の哲学者たちの見解が生きてくるのである。
 

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

22

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する