更新日: 2010-09-11 05:21:36

科学と哲学

著者: ebmnbm

編集者: ebmnbm

閲覧数: 234

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

 まず、哲学と言う言葉を聴いて、普通の人が思い浮かべるのは難しいや時代錯誤などである。しかしこの見解は、当を得ていない。哲学と言うものは、全ての学問を統治するものである。これはこれから先も変わらないであろう。現在において、それを逸脱するものであるならば、彼は他の場所に移った事になる。その意味は簡単である。哲学と自然科学の才能を備えた人は何人かいる。セネカやアリストテレスは科学を作り出した有能な人物である。むろん、その根底には哲学的なものが流れていた。最終的にはもっと有能な人材がそろうであろう。
 

STEP1

 後述べることは、一つである。それは科学の限界である。昨今、ブラックホールの中身を探ろうと物理学者たちは血なまこになっている。だがその行為自体、無意味であるし、ブラックホールなどの特殊な形態を持った星を観察するときに我々は歩みを止めなければならない。この理由は、ほんの数ページで決着がつく。その理由は時間と空間に対する哲学的思索である。もし思索をしなければ、現象からはなれて、途方にくれるであろう。だから、今の物理学者たちは絶対に不可能な事を可能にしようと努めているのである。そして雑多な論文、観察から導きだせるのは、つまらないことや意味もないことに執着する精神である。
 もし私が科学者の立場にいるならば、最初に理論的なことを考える。そしてその後に、実験や観察によってそれを証明するであろう。何事をするにしても、目標をしっかりととらえなくてはならない。闇雲に動き回って、結果が出ることほど、世の中の馬鹿げた習慣は無い。私は理論、すなわち的の位置を把握し、その後に分析、その矢の刺さった箇所を検証するであろう。そして理論的に物事を把握する人と分析的に物事を判断する事は、同じほどの重要な位置を占めているのである。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

37

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する