更新日: 2010-09-11 05:15:14

ゲーテの精神医学的解釈

著者: ebmnbm

編集者: ebmnbm

閲覧数: 363

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

今、ここで私が論じたいのは、一つである。それは天才と精神異常の関連である。そして私はここでもっとも偉大な魂を備えた一人の天才を精神医学的に解釈したいと思う。
 

STEP1

 まずゲーテの精神状態はいかほどだったかと言う問題が思い浮かぶ。これは間違いないことだが、ゲーテは躁鬱病の症状を呈していた。これは彼について書かれた資料、例えばエッカーマンが書いた資料を見れば分かる。おそらく彼は周期性の躁鬱病にかかっていたのだろう。冬至の季節になると、嘆息を常とした、などの客観的資料を見ればそれは分かる。それから、彼の創作意欲の波も精神医学に寄与する部分が多い。彼は小説だけを書くのではなく、自然科学者としても活躍した人物である。私見によれば、小説は躁病状態の時に書かれ、科学の部分は周期性パラノイケルが発症したときに書かれたものだと思われる。いずれにしても、彼が精神疾患を有していたのは間違いない。突然湧き上がるインスピーレーションによって、書かれた文章は鮮やかな色彩を持つ。その反対に「イタリア紀行」に見られる分析的な解釈は、非常にくどい言い回しになっている。「イタリア紀行」は非常に分析的なため、それより天文学者ハッブルが書いた本が簡単に思えるぐらいである。そしてこれらの精神疾患は平時は通常人とさほど変わらないほどに押しとどめられている。しかしその精神疾患が発症すれば、創作意欲の高まりと外界に対する反応が異様な様相を呈するのである。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

23

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する