更新日: 2010-09-11 05:12:58

精神分析の限界

著者: ebmnbm

編集者: ebmnbm

閲覧数: 237

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

フロイトによって提唱された精神分析は、発表当時、非常に注目された。しかし現在に至っては精神分析の不確定性、無意識の境界線が不鮮明などの諸問題が生じ、精神分析は混沌と化している。なるほど、確かにフロイトの精神分析は画期的なものであったが、諸派の精神科医たちから、色々な問題を指摘されていた。

STEP1

 それにチュービンゲン学派、クレッペリン、クレッチマー、さらにはパブロフの動物実験などにより、遺伝の重要性、条件反射の形成などの新たな精神世界へ近寄る方法が研究されたため、フロイトの無意識の理論は道理に合わなくなった。だがフロイトの提唱した理論の重要性は今、なお残っている。唯物論的思考、すなわち宿命的な遺伝によって、人間は生まれた時から出来上がっている、と言うのがある。これは反面正しいのであろうが、もしこの理論を前面的に支持すれば、精神療法はいらなくなる。むろん、ゴットシャルトの報告で遺伝素因は環境素因の約二倍強い事は分かっている。これはまがう事ない事実であり、天才などの人間類の変種には特に適用された。しかし遺伝のみを信じる事は良くない。私が先ほど述べたように、それを崇拝すれば、唯物論的思弁に堕してしまうのである。したがって、フロイトの無意識や自我の問題はなお重要性を保っているのである。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

7

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する