更新日: 2010-03-20 00:58:49

麻雀の点数計算をマスターする(総則)

著者: sirakobato

編集者: sirakobato

閲覧数: 183

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

史上、最も良く出来ていると言われている室内ゲーム「麻雀」を楽しみましょう。
しかし、麻雀をするに当たって障壁となる点数計算について解説します。

STEP1 麻雀は役の数--飜(ハン)数

      と
符の数によって決まります。

イメージとしては

符の数 ×  役の数  となります。

STEP2 役の数は上がった(和了した)ときの飜数の合計になります。

合計に2飜を足して役の持ち点となります。
ピンフのみなら1飜+2飜で3飜となります。

ex ピンフ(2飜)、トイトイ(2飜)、リーチ(1飜)、ツモ(1飜)等

STEP3

符の数を合計し、1の位を切り上げ、それに子の場合は8を親の場合は12を掛けて符の持ち点となります。

符の計算は少々ややこしいので別途説明します。

STEP4

STEP3の符数にSTEP2の飜数-1回分2を掛け値が上がり点数になります。
ex 30符、5飜の子の場合

240 × 2 × 2 × 2 × 2 →

240、480、960、1920、3840 → 百の単位でまるめて3900点
が上がり点数になります。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

13

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する