更新日: 2010-09-11 04:42:50

ヘンリーフォード

著者: ebmnbm

編集者: ebmnbm

閲覧数: 293

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

 ヘンリーフォードは、その得意とするモーターエンジンを用いた大量生産技術の上で、革命的な、成果を挙げた。彼は、経済学の観点から述べて、大量生産方式による、安価な車の製造によって、一大企業を立ち上げたのである。そして、私は、ここにもう一人の偉大な人物を挙げることにする。それは、ルドルフ・ディーゼルである。彼は、ディーゼルエンジンの創始者であり、近代文明の先駆者として、君臨している。いくら、フォードとはいえ、このディーゼルのおかげなしには、自動車を作れなかったであろう。
 

STEP1

 次に、彼の経営戦略を述べることにする。彼は、積極的に自社の車を、大会などに出していた。これは非常に大きな、関心を喚起するものである。なぜなら、いつの世の常として、民衆は目新しいものを好み、それに好奇心をそそぐものだからである。この民衆を掌握する方法は、なにも新しいものではない。たとえば、同時代の人として、チャップリンがいる。チャップリンは、もちろん純粋に喜劇を愛していた。しかし、民衆を掌握する方法を用いていたのも、確かである。彼は、独特の肉体操作と撮影方法を用い、民衆を掌握した。これと、同じことがフォードにも言えるのではないか。フォードは、派手な宣伝方法を用い、人民を掌握していたのである。
 また、当時の著名人、エジソンとも信仰が篤いのにも、重要な点がある。私としては、確信を以って、述べるが、フォードは決して功利主義のために、エジソンと付き合っていたわけではない。だが、副次効果として、エジソンに対する援助や、彼のために催した会合が、余人の目を惹き、結局は、フォードの利益にあずかっていたわけである。
 けれども、彼にも浅はかな点は、多々ある。起業したはいいが、損な役回りをして、すぐさま、会社から身を引くことが多々ある。さらには、T型フォードに固執し、時代の風潮を無視した姿勢である。確かにこれは、哲学者や科学者にとっては、必要なことである。だが、経営となると話は別である。経営戦略上、風潮によって、時たま嗜好をこらすことは必要になってくる。それを、彼はしなかったのである。したがって、フォードの会社が頭打ちに、なったのも、納得がゆく。我々は、時代の風潮に流されるものと、流されてはいけないものを、見分ける必要がある。これは、事に経営学には言える。十年前、流行だったものが、そのまた十年後には、再び流行になるのである。私は、ここで強く述べたい。デカルトが非凡なるものは、情念に乱されがちだという、見解を示したように、フォードも非凡な人であった。彼は、経営には失敗しても、人生には成功しているのである。我々は、あまりにも多くのことを望みすぎる。したがって、最後に一つ言おう。経営学とは、少なからず時代の風潮に流されるものである。しかし、確固とした理念を持った、指導者は、風潮に流されるべきではない。フォードは、指導者としての器を十分、備えていた。だが、彼に欠けていたものは、時代の風潮を見抜く力だったのである。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

28

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する