更新日: 2011-03-30 10:53:54

ジャンボタニシの卵を駆除する方法

著者: kikukikupon

編集者: おばばばば

閲覧数: 7557

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by kikukikupon

 食用として南米から輸入されたものの、全く人気が出なかったジャンボタニシ。これが野生化し、日本各地の田んぼを荒らしています。柔らかい草を好むので、稲の苗を食べてしまうのです。成体の駆除は難しいのですが、卵の場合はとても簡単です。

STEP1

 春から秋にかけてが産卵期です。一匹が一年に何度も卵を産むことがあります。

STEP2

Photo by kikukikupon

 目立つショッキングピンクなので、直ぐにジャンボタニシの卵と判ります。水路の壁や、稲に産み付けられます。

STEP3

 見つけたら、ヘラなどで、そのまま水の中に落としましょう。これで駆除完了です。成体は水の中で生活をしていますが、卵は乾燥していないと孵化出来ないのです。

まとめ

 世界の侵略的外来種ワースト100リストにも入っている、ジャンボタニシことスクミリンゴガイ。天敵となるスッポンや大型淡水魚の減少も、スクミリンゴガイを害虫にしている原因です。使いようによっては、水田の雑草を食べてくれる益虫にも変わります。けれど、数が増えすぎてしまったのです。

外来種の爆発的繁殖から、今一度、水の大切さを考えてみるのは如何でしょうか。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

110

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

ヘラ