更新日: 2011-07-25 15:47:13

家にあるもので出来る雲の作り方

著者: tarook

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 7485

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

家にあるもので出来る雲の作り方(自由研究)
夏休みの自由研究で、雲の出来方や種類などについて調べたいのですが、家にあるもので出来る雲の作り方ってありますか?

という方に伝授します。

STEP1 雲はどうしてできるのか?

1)湿った暖められた空気が上昇する。
2)上空の気圧が低いので、上昇した空気が膨張する。
3)膨張することで、空気の温度が下がる。
4)空気の温度が下がることで、飽和水蒸気量が減り、水蒸気を含むことができなくなる。(露点を下回る)
5)空気に含まれていた水蒸気が、液体の水(水滴)になる。(これが雲)
という順序になります。

STEP2 1)湿ったあたたかい空気を用意する。

2)空気を膨張させる(体積を増やす)。
という手順で雲を作ることができます。
空気を膨張させるのは大変なのですが、いったん圧縮してから元に戻すことでも、戻したときに「膨張した」ということになります。
さて、材料ですが、身近なモノではペットボトルを容器にするのがよいでしょう。あとは、いろいろ考えてみてください。
また、雲ができやすくなるように、水滴がくっつく芯になるものがあるとよいですね。竹串に火をつけて、線香のように先が赤く燃えている状態(炎はない状態)のものを、ペットボトルに5~10秒入れるといいでしょう。
最後に、#2の方の方法でできるのは、雲ではなく「霧」です。霧も雲も似たようなものですが、雲は空気が膨張することで冷え、水滴が出てくるものです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

203

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
tarook

絶対に外せないビジネスの7原則